今では安定的な人気を誇っているパワーストーン。神秘の力と占いを取り入れながら、より自らが望む環境を作ってみるのも良いかと思います。電話占いを気軽に試してみましょう。

種類・占術など

パワーストーン

更新日:

電話占いパワーストーンによる石の力で正しく浄化される

今ではパワーストーンというものの存在も多くの方が知られているかと思います。

電話占いパワーストーンによる石の力で正しく浄化される

神秘の力を持ち願いを叶えてくれる石といわれていますが、そればかりではなく自らの意思に応じ、潜在能力をも増幅させる働きがあるとも言われているのです。

そして、そんな石の力を利用した占いというものもあるのです。
今回は、占いという側面から見ていきたいと思います。

パワーストーンによる石選びについて

どのようにストーンを選んでいくのかという部分についてまずは触れておきましょう。

いくつかの方法があるのですが、一般的に知られているのは「直感」と「石の意味」です。

感覚選ぶというのは石と自分自身との相性が良いともいわれています。

また、石それぞれには意味を持っていますので、それらを調べて願いにあわせたものをチョイスするということもまた方法の1つなのです。

後者のほうが取り入れている方が多い傾向があります。

先の方法2つばかりではなく、「ストーンリーディング」という鑑定方法もあるのです。

ストーンリーディングとは

ストーンリーディングとは、占い師によって施されるものになります。

占い師と相談者によって話し合って石を選んでもらうという鑑定方法なのです。

今では、この鑑定は非常に人気が高いものともいえるのです。

石を持てば幸せに?

ストーンリーディングを利用して、ぴったりの石を身につけるようになった。

だからずっと安泰だ。そのように考える方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ただ持っているだけでは効果は次第に薄れてしまうのです。

何事にもメンテナンスが必要なように、ストーンにおいてもお手入れは必要となってきます。

具体的なお手入れ方法ですが、布やタオルで軽く石をふき取り、とれない埃などは薄めた中性洗剤とぬるま湯でかるくすすぎましょう。

そして仕上げに冷たいお水でよく洗剤を洗い流してください。

こうしたお手入れは、ストーンの効果を持続できるポイントですから覚えておくとよいでしょう。

占いとして活用する

知識をもった占い師も電話占いの世界にもたくさんいらっしゃいます。

鑑定を進めていくことによって、より自らにとって幸せな環境を招くことが出来るでしょう。

また、現在ばかりではなく、未来に対するストーンの選定というものも可能になっているのです。

鑑定でうと「その場限り」という印象をお持ちの方も少なくないようですが、ストーンは鑑定が終わったあとでも身につけられ続けるものです。

ですから、継続的に取り入れることが出来る占いとも言えるのではないでしょうか。

パワーストーンがあなたを守ってくれる存在になる

ストーンは日々お守りとして身につけていただけるものです。

ですから、時には「浄化」をするというのもおすすめとなっています。

せっかく占いを取り入れて出会えたストーンですから、大切に扱っていただければと思います。

具体的な浄化方法ですが、水につける・月明かりにあてるなどという方法があります。

さらには「セージ」というハーブをいぶして煙にくぐらせるなどというものもあるのです。
セージはストーン専用のものが売られているかと思います。

石の気質などによってあった浄化方法がありますので選ぶと良いでしょう。

こうした石の管理という部分についても、占い時に相談をすることもできるのでアドバイスをお願いしてみてはいかがでしょうか。

願いにあわせても日々のお守りとしても

自然界には実にたくさんの石の種類が存在しています。

ですから、その時々の悩みや希望に応じたストーンを選ぶというのもおすすめです。

厄除けに・身代わりになどという場合には、例えば誕生月のストーンを身につけるなどというのも良いのではないでしょうか。

まずは石選びから始めたい。

そのような方においても、占い師の方に相談をすることはできますので気軽に電話をしてみましょう。

人気を呼んでいる占い

ストーンブームということもあり、売らないとしても非常に人気の高いものであるということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

お子様のお守りにと相談をされる親御さんもいらっしゃいます。

幅広い方々に取り入れていただける占いかと思いますし、それを電話で気軽に実践することもできますので興味があるという方は利用されて見ると良いでしょう。

-種類・占術など

Copyright© キクハピ , 2019 All Rights Reserved.