易学は今から約5,000年前に中国で生まれた占術です。50本の筮竹(ぜいちく)を使い、潜在意識が宇宙から引き寄せたメッセージを受信します。今大切な何かを決めなくてはいけない人におすすめの占いです。

種類・占術など

易学占い

更新日:

当たると噂の電話占い易学はどんな占いなのか

易学は中国で生まれた占術です。筮竹(ぜいちく)という長い竹ひごのようなものを使い、自然からのメッセージを受け取ります。人間は自然との調和の中で生きていると考えており、潜在意識の働きによって理屈では説明できないような方法で答えが導き出されます。

人生の選択に迷っている人は、占いを受けるとより自分らしい決断を下せるようになるかもしれません。

易学は5,000年の歴史を持つ中国発祥の東洋占術

易学とは、今から約5,000年前に中国の周王国で生まれた占いです。漢時代に大成され今でも代表的な東洋占術の1つとして人々に親しまれています。伏儀により八卦が作られたといわれています。

八卦とは、算木(さんぎ)にあらわれる8つの基本的なかたちのことです。昔の中国人は世界は天、沢、火、風、雷、水、山、地の8要素からなると考えていました。さらに万物は陰と陽から成り立っており、それぞれの相乗効果で起こった変化や関係性から過去、現在、そして未来を紐解きます。

明確な答えが出てくるわけではないため占い師の解釈や腕前に大きく依存する

占いには筮竹(ぜいちく)という50本の細長い竹ひごのようなものを使います。占いの結果は抽象的であるため、占い師には深い知識が必要です。事実易から答えを得るのは難解とされており、占い師の解釈によってメッセージが変わってきます。

儒教の流れが根底にあり中庸の精神をとなえている

儒教の流れをくんでおり、中庸の精神が根底にあります。中庸とは、0か100かといったように極端に偏るのではなく、バランスをとることでよりよく生きられるという考えです。

恐怖心にさいなまれているときに、ただ怯えるだけでなく勇気を持って立ち向かう。うまくいっているときこそ天狗にならず謙虚でいる。たとえばこのようなことを実践することでより理性的に生きられるようになります。

易はかつてより戦いや政治などで多くの権力者に影響をあたえており、重要な決断の際に心の支えになってきました。

今では文明が発達しており、私たちはいろいろな便利なものに囲まれています。しかし人間自体の本質は変わりません。人は宇宙の中で自然の法則を受けながら生きています。易を受けると自然からのメッゼージを受信することで、この先どのように生きるべきかを考えるきっかけになります。

易学占いは重要な選択にせまられて決断できない人におすすめ

易占いは恋愛、仕事、人生に悩む人だけでなく、ときの権力者が意思決定をするときにも使われてきました。もし今あなたが何かに悩んでいて自分で決められないのであれば、占いをしてもらうと道が開けるかもしれません。特に理屈ではない心のモヤモヤをなんとかしたいときに占ってもらうといいでしょう。

偶然の出来事でも自分の潜在意識と共鳴していて、運命的に起きたという考え方があります。いろんな考えにがんじがらめになっているときなどに占ってもらうと、理屈では説明できないけどなんだかしっくりくるような結果が得られるかもしれません。

易占いを受けるにはいろいろな方法がある

対面で占ってもらいたいのであれば店舗まで足をのばすといいでしょう。しかし今ではインターネットを使えば無料で一部を体験できます。もしさらに気になったのであれば、有料サービスを利用したり、電話占いを利用したりもできます。

特に電話占いは店舗が最寄りになくても利用できるし、移動の時間がかからないため忙しい人でも安心して利用できます。

家で体験できる手軽さと、直接質問できる便利さの両方を兼ね備えていますから、無料占いよりもより詳しい内容を知りたい人におすすめです。

難しい選択をせまられているときに易学はヒントになります

人は自然と調和して生きており、宇宙からのからメッセージを受け取ることでより自分の潜在意識を反映した選択ができるようになります。

易にはかつてより権力者の決断をサポートしてきた歴史がありますから、現代をいきる私たちにとっても損をしないようなベストな選択肢を与えてくれることでしょう。

インターネットを使えば一部無料で体験できます。より詳しく話を聞いてみたい場合は電話占いを使うと自宅にいながらより自分にぴったりの占いをしてもらえることでしょう。占い師の知識によってメッセージが変わりますので、まずは誰に占ってもらうかを決断せねばなりません。

-種類・占術など

Copyright© キクハピ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.