心理学は科学の分野で古くから研究されて積み重ねられてきた学問です。一方、占いはスピリチュアルなもので、特殊な能力やパワーが源になっていますが、その歴史は古いです。似てるようで実は大きく違う心理学と占いの違いや似ている部分について紹介しましょう。

コラム

心理学と占いは別物なの?違いや似ている部分をピックアップ!

投稿日:

ありとあらゆる分野で使われている心理学

心理学と聞くと何だか難しそうだとか、心の問題を抱えた人がお世話になる分野だというイメージがありますね。

しかし、心理学はもっと身近なもので、様々な分野で使われています。

人間の行動や言動、心理や考え方を研究した学問のことで、科学的な裏付けがされています。

例えば、スーパーで人通りの多い店内に人気商品を置くというのも、心理学の考え方が使われています。

今では企業にカウンセラーがいたり、学校でもスクールカウンセラーがいたりしますね。

色んな分野で心理学を勉強して、人の悩みを解決するカウンセラーがいるほど、世間には浸透しています。

特殊能力を用いて悩みを解決する占い

心理学と似た分野で、女性の間で大人気になっているのが占いです。

心理学も占いも、最終目的は困っている人の悩みを解決してあげることですね。

心理学は科学がベースになっていて、個人の行動や考え方を考察したり析することで、答えを導き出す助けになってくれます。

一方、占いは、占い師独自の特殊能力や占術を駆使して鑑定します。

持ち前の霊感や霊視力で相談者の悩みなどを読み解いたり、相談者の助けになるようなアドバイスをしてくれます。

未来を霊視できる占い師もいますし、守護霊と会話できる占い師もいますね。

テレビや雑誌などでおなじみの星占いだと、星の動きから未来を予測して占い結果を出したりもします。

ベースが占い師個人の能力によるものだったり、宇宙や自然、超自然的なパワーが働く、スピリチュアルな世界ですね。

占いの中にも心理学は生かされている

占いと心理学は突き詰めれば全くの別物ですが、無関係というわけではありません。

いくら零巻や霊視ができたとしても、相談者の悩みを解決してあげるためには、心理学的なアプローチも必要です。

例えば、相談者が口下手な人で、悩みを占い師に上手く話せない場合もあります。

相談者の聞きたいことや鑑定してほしいことを引き出すためには、会話して話を聞かないと先に進めなくなりますね。

相談者が自分を信頼してくれて安心して話してもらえるように、心理学のテクニックを使う場面も多いですね。

相談者の言葉やしぐさなどから傾向を言い当てたりして、深層心理に近づいていくこともあります。

また、鑑定結果が厳しい内容で、相談者が意図しないものである場合もあります。

そんな時には伝え方も工夫しないといけません。

相談者の様子を見ながら悪いことはあえて伝えないとか、共感しながら伝えるなども、心理学のテクニックを用いています。

占い師の中には相談者との信頼関係を築くために、カウンセラーの資格を持っている人もいるほどです。

バーナム効果が当てはまる血液型占い

気軽にできる占いとして、血液型占いがあります。

一時期大ブームになって、知り合った人に血液型を聞いたりすることも、多かったのではないでしょうか。

A型だと言えば真面目なタイプだとか、O型だと大らかだとか、当たっていると友人同士で盛り上がった経験もあるはずです。

そんな血液型占いもれっきとした占いですが、ここにも心理学の要素が入っています。

血液型占いで当たっていると感じるのは、心理学のバーナム効果と呼ばれるものです。

血液型はA、B、O、ABの4つしかありませんから、性格やタイプなどは4パターンしかないことになりますね。

千差万別な個人が4つに分類されるわけですから、多くの人が血液型占いは当たると感じてしまいます。

それがバーナム効果というものです。

大多数が当てはまることを用いることで、当たっていると感じさせる効果のことです。

悪質な占い師さんはバーナム効果を駆使して鑑定する場合もありますから、注意しないといけませんね。

カウンセリングも魅力!当たる占い師

占い師の中には独自のカウンセリングを鑑定に取り入れている人もいます。

そんな占い師を紹介しましょう。

・電話占いウィル 山元先生

男性の先生ですが、性別関係なくたくさんのリピーターがいる人気の先生です。

スピリチュアルリーディングで心の奥底の悩みを読み取ってくれますし、波動カウンセリングで伝え方にも工夫してくれます。

悩みを解決してくて心の平穏を取り戻したい人に向いています。

・電話占いデスティニー 聖先生

臨床心理士カウンセラーの資格を持っている先生で、鑑定してもらった後には心の重荷が軽くなると評判です。

ネガティブなマイナス思考からポジティブになれますし、先生の癒しのパワーを感じられます。

明るくほがらかな話し方ですから、悩みを打ち明けるだけでも元気をもらえます。

心理学と占いは遠くて近いもの

心理学と占いは起源や出発点などは全く違いますが、人の悩みを解決に導きたいというゴールは同じです。

ネットでもできる心理テスト、好きな彼との相性占いなどは、誰でも気軽に試したことがあるはずです。

また、実力のある占い師さんでも心理学の手法などを取り入れていたり、独自の鑑定スタイルとして確立している人もいらっしゃいます。

心理学は科学で占いはスピリチュアルなもので、全くの別物ですね。

しかし、占いに心理学のいいところを取り入れたりなど、別物でも上手に生かすことで、相談者の悩みの解決につながります。

心の癒しや平穏を求めるなら、カウンセリングもできる占い師に鑑定してもらうのもありですね。

心理学の確証バイアスとは?日常生活の中でも影響を受けている

自分にとって心地いい情報ばかり集めたり、自分の都合のいいように解釈してしまうのが、確証バイアスです。

知らず知らずのうちにあなたも陥っているかもしれません。

公平な目を持って視野を広く持つためにも、確証バイアスについて知っておきましょう。

選択や決断に関わる!確証バイアスとは

人と接したり何かを決めたりする時には、先入観なくやりたいものですね。

しかし、確証バイアスというものが働いてしまうと、自分にとっていいことしか信じなくなってしまいます。

確証バイアスというのは、いわゆる心理学用語です。

簡単に言うと、無意識のうちに自分にとっていいことだけを集めて信じ、その価値観で物事を判断してしまうことです。

自分にとって都合のいいことしか見ない、信じないことですね。

確証バイアスの具体例!欲しい物の良い口コミ!

今やネット社会ですから、気になる商品や欲しいと思った商品の口コミを、ネットで探すという人も多いですね。

口コミ自体はとても役立つもので、使い勝手や効果など、商品の詳細を知るのには最適です。

しかし、そんなショッピングの口コミにも、確証バイアスが働いています。

自分が欲しいなとか強く興味を持っている商品ほど、良い口コミばかり見て納得してしまう傾向があります。

悪いレビューや口コミはすっ飛ばして、良い口コミばかりを集めてしまいます。

欲しい商品で興味を持っているわけですから、どうしても好意的に商品を見たいという心理が働いてしまいます。

この商品はいいものだという先入観を持って、口コミを読んでしまいがちです。

耳の痛い意見は素通りして、自分の先入観を正しいものだと裏づけしてくれるような、良い口コミだけしか目に入らなくなります。

これが確証バイアスが働いている状態ですね。

解決策は簡単で悪い口コミにも目を通して、厳しい意見もしっかり取り入れるようにしましょう。

確証バイアスの具体例!ビジネスの場でも起こる!

会社などの仕事の場でも、確証バイアスが働いてしまうことがあります。

会議には色んな社員が出席していますから、色んな意見が出てくるのは当然です。

しかし、自分の意見が正しいと強く思っている人ほど、確証バイアスが働きやすくなります。

自分の意見に賛成してくれる社員だけを味方につけて、他の意見には全く耳を貸さないというのが、確たる例ですね。

自分の意見は正しいという主観をどんどん強くするために、賛成してくれる社員の意見ばかり取り上げてしまいます。

確証バイアスのせいでどうしても主観ばかり働いてしまって、偏った見方になってしまいます。

ビジネスの場では常に客観的でいないといけません。

こういった事態に陥らないためにも反対意見にもしっかりと耳を傾けて、公平な目で見て判断する力を付けないといけません。

判断は第三者に委ねたり、自分の意見の穴や弱点などを指摘されたら、冷静に受け止めて考え直すなど、頭から否定して排除しないようにしましょう。

確証バイアスの具体例!血液型占いに潜むワナ

星占いなみに人気で定番化しているのが、血液型占いです。

A型は几帳面で真面目だとか、O型は大らかだなど、血液型で人の性格などを言い当てる占いのことですね。

これこそ、確証バイアスのいい例です。

A型でも大ざっぱでだらしない人はいますし、O型でも神経質な人はいます。

長年、この血液型占いでA型はこうだという印象がどんどんすり込まれてしまうと、例外を見ないようにしてしまいます。

つまり、A型で生真面目で几帳面な人ばかり探すようになり、A型でずぼらな人には目がいかなくなってしまいます。

血液型占いが当たっているというのを自分で補完してしまって、実際にA型で真面目な人に出会うと納得してほっとするという心理ですね。

また、自分がA型で、性格はズボラだったとします。

これに確証バイアスが働いてしまうと、A型は几帳面だからもっときれいに掃除しやきゃと、几帳面に変わることもありますね。

ある意味いいことですが、逆パターンで悪く変わってしまうこともあり得ます。

ここまで血液型占いが人気になっているのは、確証バイアスの影響が大きいからですね。

占いが当たる理由と確証バイアスの関係!

血液型占いと確証バイアスの関係について説明しましたが、実は占い師に占ってもらう場合でも、確証バイアスが働いてしまうことがあります。

ちょっとおさらいしておきましょう。

人は自分にとって都合のいいことばかり見てしまったり、信じてしまうのが確証バイアスですね。

占い師に占ってもらって、当たっていると感じたことはありませんか?
これも確証バイアスが影響しています。

本物のパワーを持った占い師ももちろんいますが、心理学のテクニックを応用している占い師もやはりいます。

相談者のしぐさや会話から言って欲しそうなことを言ったり、大多数の人に当てはまることを、あたかもその人のためだけに言っている場合がありますね。

説得力もありますからほんの少しでも当たっていると、ズバリ的中しているように思えてしまいます。

当たる占い師だと信じ込んでしまうと、当たっていないことを占い師が言ったとしても、耳に入ってこなくなりますね。

自分にとって信じたいいいことだけが印象に残って、鑑定結果が少し違っていたとしても当たる占い師だと信じ込んでしまいます。

もちろん、いい意味で占い師の先生が相談者の悩みを和らげようとして、確証バイアスを使うケースもあります。

その人が言って欲しいことを盛り込んで、気持ちを軽くするためにアドバイスするケースなどですね。

占い全部が確証バイアスなどの心理学テクを使っているわけではありません。

本当に当たる占い師かどうか、利用する前にしっかり見極めてから鑑定してもらうのが大事ですね。

-コラム

Copyright© キクハピ , 2019 All Rights Reserved.