日本全国には様々な神様が祀られている神社が多く存在しています。この神社は日本古来の神様や皇室ゆかりの神様、偉人などの人物や自然や動物などがまつられており、非常に多彩な神様たちが祀られています。このような神社については神社とは、どのような神様がまつられており、何のために神社を訪れるのかなどをご紹介します。

コラム

神社に祀られている神様や占いの関連性を検証してみる

投稿日:

日本各地にある神社とはどのような存在なの?

これまでに神社を見たことがないという人はおそらくいないのではないかともいえるほど、神社は全国津々浦々に存在しています。

実はこの神社は登録されている数は約8万5千ともいわれ、登録されていない小さな神社を入れる全国に10万社はあると言われています。

そのため、どの町でも神社のない街は無いでしょう。

このように身近な神社ですが、具体的に神社はどのような場所なのかということについては説明しにくいという人もいらっしゃるのです。

そこで、日本全国にあるこうした神社はどのような目的で存在している施設であるのかやどんな神様が祀られているのか、何のために神社に行くのかなどについてご紹介してみたいと思います。

神社は日本特有の新道の神様を祭るための場所

まず、日本全国に10万以上は存在すると言われる神社ですが具体的に何のための場所なのでしょうか?この点については、神社は日本特有の神道の神々を祀るための施設になります。

神道は日本独自の宗教であり、神道にはたくさんの神様がいます。

神社はこうした神様たちが祀られている施設になります。

全国にこれほど多くの神社が存在しているということは、日本では昔からこうした神様の存在を身近に感じながら生活をしてきたということになります。

ではこのような神社の起源は何なのでしょうか?神社のはじまりは神事の際に臨時的に建てられた神籬と言われるものだと言われます。

この神籬は建物のことではなくて、祭壇のようなものであったと言われ、神社の始まりはこうした、神事の際に用意された祭壇に由来していると言われているのです。

日本には本殿をもたない神社も多くあり、歴史が古いとされる神社はこうしたことの名残でそうなっているのではないかと言われているのです。

神社にはどのような神様が祀られているのか?

神社には神道の神々が祀られていると言われていますが、どのような神様が祀られているのでしょうか?

この点については、神社に祭られている神様は八百万ともいわれ、非常に多くの神様が祀られているのです。

まず、天津神の天照大神が祀られています。

そして、日本各地の神様たちが祀られています。

数えきれない神様が日本に存在していますので、こうした神様たちがたくさんの神社で祀られているのです。

また、皇室の祖神様も祀られています。

皇室の祖神は天照大神や瓊瓊杵尊で、伊勢神宮などの日本の主要な神社に祀られているのです。

さらに、東郷平八郎等の偉人や義士の霊や事前や動物たち、森などの自然も祀られています。

動物には山の神とされる狼や猿、想像上の生物の龍なども祀られていますし、インドの陰陽道のダキニ天や道教などの異国の神も祀られています。

さらに怨霊も祀られており、菅原道真などの御霊を神社に祀って、鎮めるために神社に祭られていると言われています。

そのため、神社には多彩な神様が祀られているのです。

神社には何のために行くのか?神社参拝の目的は?

日本各地に様々あるこうした神社ですが、多彩な神様が祀られています。

では、人々はこうした神社に何のために行くのでしょうか?基本的に、神社には願い事をするために行くのだと思っている人は多いと言えます。

それは間違いというわけではありません。

しかし、神社を訪れる理由は毎日の感謝を神様に伝え、感謝の気持ちを伝えるために行くのです。

昔から日本人は自然とともに生きてきました。

日本には春夏秋冬の季節があり、そうした季節を通してもたらされる自然の恵みに深く感謝してきたのです。

そして、こうした毎日を送りながら、ありとあらゆる自然の中に神様がいると考えられてきたのです。

生きていけることは全て神様、つまり自然の恵みのおかげと考え、信仰してき他のです。

神社に行く理由はこうした自然の恵みや自然の中での生活に感謝するためなのです。

そして、その感謝を伝えた後に、こうした事を基にして今後土曜になればありがたいのかといった願いもお伝えするというようになっているのです。

お近くの神社でポジティブなエネルギーを得る

神社はポジティブなエネルギーを得られるパワースポットとしても知られています。

パワースポットはその場所に行くことで、前向きに人生を生きるためのエネルギーや運などの向上効果を期待できる場所で、より元気になったり、より活動的になれる場所なのです。

この様な神社ではその年の運勢を占うなどで、おみくじを引いたりする習慣が現在も子乗っています。

おみくじなどの占いや開運はこうしたパワースポットの神社でよく知られています。

毎年お正月や秋祭りなど、時期ごとの神社への参拝が行われています。

こうした神社を訪れてその年が良い年になるのかそうでないのかなどを占い、幸せな一年になるように祈ったり、健康運や家内安全などを祈願します。

こうしたことから、神社と占いはとても密接な関連性をもったものとして人々の生活の中で取り入れられていると言えます。

このように、神社はパワーが得られる場所として知られており、占いなども行われ、おみくじを引くなどしてその年の運勢を占ってもらえる場所と言えます。

-コラム

Copyright© キクハピ , 2019 All Rights Reserved.