転職や就職は人生の転機です。この大きなイベントに際して占いを用いる場合も少なくありません。そんな転職や就職で占いを行うメリットやデメリットを項目ごとに紹介し、どのように占いを受ければいいのかと言ったことを解説していきます。きっと占いを転職や就職で受ける意義について知ることができるのではないでしょうか。

コラム

今後の採用などに役立つ!転職や就職で占いで人生を方向変換する

投稿日:

人生の重要項目!転職や就職に用いる占いとは?方法や目的を紹介

就職や転職は人生を左右する大事なでき事の一つです。

この仕事に関する占いも行われることが少なくありません。

このような占いの目的として挙げられるのが、適職を探すことなのか、あるいは転職の時期を知ることなのかと言ったことです。

こういった目的で利用する占いは様々なものがあり、それらを受けるメリットやデメリットも存在します。

今回この転職や就職に占いを行う意義について項目ごとにそのメリットやデメリットを紹介しながらお話ししていきます。

転職と就職に向いた占い①直近の転職ならタロット一択

転職と就職に向いた占いとして最初にオススメしたいのがタロット占いです。

これはタロットカードを利用した占いで、絵柄によってその意味を調べる方法です。

主な絵札である22枚のカードのみを用いる大アルカナと呼ばれる手法と56枚のカードも合わせて全てのカードを利用して行う小アルカナの手法があります。

これらのカードは机の上においてシャッフルすることでそれぞれの絵柄が持つ意味から占いを行うことができます。

メリットとしては、占い師の意志やデータによる結果が出にくいことでです。

これにより客観的な評価を行うことができ、人生の重要なことをより冷静に見ることができるという点がメリットと言えるのです。

デメリットも存在します。

それは運要素が強いため、引く回数を増やしすぎるとわけの分からない結果になってしまうことがあるのです。

例えば就職や転職を占うのに恋愛占いのような結果になったり家族の悩みの結果が出てしまうと言ったこともあるのです。

その点は各占い師がきちんと解釈を行う(これは経験を積んで相談者の悩み解決をサポートできる占い師が得意とします)か、占いをやり直すことになります。

ただ、直近で転職を検討している場合は感情が入らないタロット占いは最適な占い方法として利用できるのです。

転職と就職の占い②これらの採用の結果を占うのはおすすめしない

転職や就職に占いを用いますが、これは受ける会社や組織のことを占うのであって、採用されるかどうかの結果を占うことではありません。

その理由として、すでに起こったことである点、リスクがある点の2点を挙げることができます。

すでに起こったことであるというのは、書類選考や面接をすでに行ってしまった後ということです。

これはもう覆水盆に返らずの状態であり、占いのアドバイスによって事態が好転するということはありません。

なので、占いをいくら受けても効果はほとんどないのです。

採用されるかされないかと言ったことは占い師に的中されてもされなくてもリスクがある点も理由として挙げることができます。

よく当たる占い師でも100%当たるという保証はありません。

そのため、占いの結果を信じすぎてしまい、次の面談に臨む準備ができなかったら、さらに悪い結果に陥りかねません。

そういった意味でリスクのある採用されるかどうかを占ってもらうことはやめた方が良いです。

こういった点から、転職や就職の採用試験や面談が終わった後に占いを受けるという行為はあまり望ましい行為とは言えず、頼り過ぎた結果としてかえって悪い方向に行ってしまうことも少なくないのです。

転職や就職の占い③転職や就職に強い占い師を選ぶのがポイント

占い師は、占い方法もさることながら占いを得意とするジャンルも様々です。

そのため就職や転職に強い占い師や逆にそうでない占い師も存在します。

この転職や就職が得意な占い師の特徴として、依頼者の分析が得意な点、人生経験が豊富な点というところがあります。

依頼者の分析が得意な点として、依頼者がどのような職業につきたいのかということをうまく分析してまとめることができる能力を持った占い師が挙げられます。

漠然となんでもいいからどんな仕事が良いのかということを聞かれて占うというようではあまりに分析ができていません。

自由時間がある仕事なのか、それとも給料は良くてもきつい仕事なのかと言った点等を聞き出して、それを占いにのせていけるような占い師です。

タロットなどは客観的に漠然とした結果が出ますが、これを分析して伝えるのが占い師の仕事でもありますから、話をよく聞いてそれを踏まえてタロットの結果はどうなのかと言ったことをズバッと言えるような占い師が理想です(タロットに限らず様々な占いに共通した手法と言えます)。

人生経験に関しては、占いにプラスアルファの要素と言っても良いのですが、過去の人間のその後というたくさんの事例を持っていたり、自分自身がかつて様々な仕事を転々としてどうだったかと言ったデータもあります。

客観的な要素に絞るということも重要ですが、急な転職や就職でない限り、そういった要素は重要なものとして生きてきます。

転職や就職の占い④具体的なアドバイスを求めるべきでない

転職や就職の占いのデメリットとして具体的なアドバイスができないということです。

その理由として占いは詳細なところまで示ししにくい、テクニックの専門家ではないという点です。

占いは様々なものがありますが、基本的にはニュアンス的なものを依頼者に伝えるスタイルです。

そのため採用者にどのように伝えればいいのか、どういった服装が良いのかと言ったことを求められても具体的に指し示すことができない場合も少なくありません。

そういった意味で詳細なポイントまで示すことができないというデメリットがあります。

また、書類の書き方やエントリーシートのテクニック、目線や受け応え、どういった回答をすれば採用されやすいかと言ったポイントを依頼者に伝えることもできません。

そういった点は就職活動の指導を専門とする専門家に依頼した方がよほど確実な答えが返ってきます。

占い師はあくまで方向性を指し示すという仕事であって、就職や転職指導を行う仕事ではないという点がデメリットです。

ただ、逆にこれらの点を踏まえた上で就職や転職の占いを受けることで、より良い結果を得ることができるのではないでしょうか。

つまりテクニックの専門家と占い師を合わせて利用するということです。

転職や就職の占いまとめ~占いが人生を切り開くきっかけに~

冒頭でもお話しした通り転職や就職は人生の一大転機であり、重要な項目の一つです。

こういった状況において直近の転職を志望する場合はタロット占いなど、主観的なものが入りにくい手段を選ぶようにします。

ただ、種類によってうまく結果が出ないこともあるため、得意な占い師を選ぶ必要があります。

例えば人生経験が豊富な占い師や依頼者の分析を得意とする占い師です。

彼らはそういった情報から適切な指針を与えることもできるという点でおすすめなのです。

また、事例からアドバイスも与えられるという点もあるため、そういったタイプの占い師は転職や就職の占いをしてもらうのに最適と言えます。

ただ、占いをすでに結果が出てしまった採用の可否などに用いても意味はありませんし、具体的なテクニックを求めても正確な答えは返ってきません。

そういった意味でテクニックなどは専門家に任せ、占い師の占いと併用することによってより良い占い結果を得ることができるのではないでしょうか。

-コラム

Copyright© キクハピ , 2019 All Rights Reserved.