四柱推命は、中国で生まれた占術の一つで、生年月日と出生時刻をもとに割り出された陰陽五行説を用いて自分の生まれ持った資質や能力、運命を予測する占いです。

種類・占術など

四柱推命

更新日:

電話占い四柱推命の複雑さと難しさから今後の未来を叶える年を探す

四柱推命という占いは文字を読んだことがあるという方は多いと思います。

しかし、それがどんな内容の占いかを知っているかというとまた別で、調べようにも難しく複雑でわかりづらいですよね。

今回はどんな占術なのかの大事なポイントだけおさえてお伝えしていきたいと思います。

とっても簡単に言えば、生年月日と出生時刻で運命を占う術です。
生まれた「年」「月」「日」「時刻」の4つで「四柱」と呼ぶわけです。
それぞれ「年柱」「月柱」「日柱」「時柱」という呼び方をします。
なので、この占術で占う場合は自分の「生まれた時間」も把握しておく必要があるのです。

あのおなじみの「干支」が関わってくる!

生年月日を元に「十干(じっかん)」と「十二支(じゅうにし)」を導き出し、その人の生まれながらの資質や宿命、運命を占うものです。

この十干と十二支にはそれぞれ五行が当てはめられています。

「五行」というのは、地球上、森羅万象のものを木、火、土、金、水の五つに分けたものを言います。
それをさらに陰と陽に分けると「木の陽と陰」「火の陽と陰」「土の陽と陰」「金の陽と陰」「水の陽と陰」で十になりますよね。

木の陽は甲(きのえ)、木の陰は乙(きのと)、火の陽は丙(ひのえ)、火の陰は丁(ひのと)、土の陽は戊(つちのえ)、土の陰は己(つちのと)、金の陽は庚(かのえ)、金の陰は辛(かのと)、水の陽は壬(みずのえ)、水の陰は癸(みずのと)と表現します。
これを「十干」と呼びます。

※ちなみにこの読み方は春秋戦国時代の学者、呂不韋が決めたものだそうですよ~!

続いて、十二支は日本人ならおなじみの「子(ね)」「丑(うし)」「寅(とら)」「卯(う)」「辰(たつ)」「巳(み)」「午(うま)」「未(ひつじ)」「申(さる)」「酉(とり)」「戌(いぬ)」「亥(い)」のことですね。
この十干と十二支をあわせたものを本来は「干支(えと)」と言います。
支は年だけでなく月や日、時間にも割り当てられるのです。
毎日毎時刻違いますから、とっても細かく性格や運命を見ることができるのです。

波動を整えて快適な環境とトラブル知らずの状況へ

通変星(つうへんせい)とは?

この占術にもう一つ重要になってくるのが「通変星」です。
通変星は、性格・能力・適正などのあらゆる方面からその人を判断する上で必要な星で、最も大切なものです。
そもそもこの通変星がどの位置にあってどんな性質をもっているのかということを重要視した占術なのです。

【自我の星】

比肩(ひけん)

学問と名誉を表しており、自立心・主体性・独立性を発揮して周囲に巻き込まれずマイペースに自分の道を進んでいきます。
相手に甘えることが苦手で、何にしても勝ち負けにこだわってしまう部分もあります。

劫財(ごうざい)

意地を表しており、強い上昇志向を持ち合わせています。自分にはない才能を色々な人から学ぼうとするため自然と社交的になります。

【表現の星】

食神(しょくじん)

快楽と食通を表し、緊張感がなくのんびりとした性格になりやすくなります。食神には子供という意味もあり、子供好きであったりいつまでも子供のように純粋ということも表しています。

傷官(しょうかん)

型破りと聡明を表しており、シャープな頭脳と強い意志を持ち合わせています。
思ったことをストレートに伝えてしまい相手が落ち込んでもあまり気にしないということも。
傷官美人という言葉があるほど、美人が多いとされているのも特徴です。

【財の星】

偏財(へんざい)

多趣味多才を表しており、字のとおり偏った財を意味しているのでお金に縁はありますが大金をつかむと使ってしまうようです。

正財(せいざい)

着実と正直を表しており、とにかく真面目で堅実、仕事も恋愛もいい加減にはできず、慎重に対応します。

no image
フェリーチェ

Contents1 フェリーチェの電話占い詳細情報はコチラ2 占いの4つに分類や種類について知っておこう3 電話占いではどの占術を選べばよいの?4 偽物占い師には注意せよ!5 フェリーチェの占い師は恋 ...

続きを見る

【社会の星】

偏官(へんかん)

野生と頭脳を表しておち、責任感・攻撃本能・行動力・スポーツ・大胆・親分肌といった解釈をします。

正官(せいかん)

信用と気品を表しており、高いプライドを意味しています。ムダを嫌い、几帳面、時間やお金にルーズといったことを嫌います。

【才能の星】

偏印(へんいん)

ファイトと発想を表しており、別名タレントの星とも呼ばれています。
熱しやすく冷めやすい傾向があり、仕事も恋愛もなかなか長続きしないという点もあるので、才能開花ができるかどうか、自分の好きな事を見つけていけるかどうかで運命は大きく左右されます。

印綬(いんじゅ)

学問と名誉を表しており、教養があり博識な人に対する憧れが人一倍強く、少しでも頭がよくなることに興味があります。

生まれた年、月、日、時間で細かく蓄積されたデータで理論的に組み立てられているこの占術はかなり当たると定評です。
しかし、その複雑さと難しさからこの占術を扱う占い師はとても少ないのです。

もしこの占術を扱える信頼できる占い師さんと出会えたら、一度試してみると面白いと思います!あっと驚く結果が待っているはずですよ。

透視占いで不思議な世界を体験してみよう

-種類・占術など

Copyright© キクハピ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.