コラム

電話占いで離婚をさけるために夫婦がおこなう日々の改善方法

更新日:

けんかを繰り返す離婚寸前の夫婦もいれば、けんかをしてもあとにひかない夫婦もいます。その違いは日々の生活の中でお互いを尊重しているかどうかにあります。

離婚寸前の夫婦にけんかが絶えないことはよくあることですが、けんかになっても大きな問題にならない夫婦もいます。逆に、まったく夫婦げんかをしないのに、一気に離婚に至る夫婦もすくなくありません。離婚をさけるカギは、日々の生活の中でお互いを尊重することにあります。

相手に甘えない距離感が夫婦を円満にする

一方的に相手に甘えることは、夫婦関係によくありません。これぐらいならやってくれるだろうという男性の考えは、すれ違いの原因になることも。逆に、夫の収入を当たり前と考える女性もお互いの不満をふやしてしまいます。

相手に甘えない距離感をつくることが円満な関係を保つコツです。夫は家庭内の仕事をする妻を手伝い、妻は仕事をがんばる夫を支えるように、お互いに感謝や尊敬を忘れないようにしましょう。2人が自分のやるべきことをちゃんとこなせば、家庭がうまく回ることにもつながります。

あなたが悪いという言葉は離婚の元

夫婦がけんかするときに、相手をせめる言葉は問題を大きくします。たとえ相手が悪いと思っていても、実際には自分にも悪い部分があるのが普通です。相手だけをせめるだけでは、問題の解決どころか泥沼になりかねません。

多くの場合、だれかに自分を変えてもらいたいと思う人はほとんどいません。いくら相手を変えようとしても、お互いのストレスがたまるだけで、自分を変えた方が有意義です。相手を変えようと思わなければけんかもおこりません。

嫌なことはその場で解決して大きくしない

一緒に生活する中ではどうしても相手への不満がでてきます。ちょっとしたくせも、何度も目にすれば嫌になることもよくあります。しかし、そんなささいなことを我慢していると、いつのまにか大きな問題になることもすくなくありません。

生活の上で嫌なことが目についたら、すぐに解決しましょう。あとで蒸し返しても、意味がないどころか相手に対する不満をふやすことにもなりかねません。逆に、その場で相手に伝えれば、簡単に終わりますし、問題が大きくなることもありません。

互いに関心をもてば一緒にいる意味がある

夫婦の円満の大きな壁になるのは無関心です。けんか1つしないように見えていても、コミュニケーションがなくなった夫婦はお互いのことがわからないので、何かがおきたときに暴発してしまいます。

頻繁に夫婦間で会話することで、相手に関心をもちましょう。現代の家庭では個人の自由を重視するせいで、パートナーとの関係が面倒になることもあるので、夫婦で共同作業することが有効です。悩みなどを相談し合えば、相手との仲も深まって一緒に暮らすことに意味がでてきます。

他人に相談すれば冷静な意見がもらえる

結婚してしまうと、パートナーとの関係が自分たちでは分かりにくくなります。そんな時には両親や友人など近しい人に相談しましょう。他者の意見は2人の関係を客観的に指摘してくれます。

相談する相手がいない場合は、電話占いなどを使うのも手です。日本ではカウンセリングは敷居が高いので、手軽に使える電話占いはちょっとした相談に最適です。電話占いでは、プロの占い師に電話でアドバイスがもらえます。ネットには多くの電話占いが紹介されているので、夫婦問題に強いところを調べて、電話してみてはいかがでしょう。

夫婦間の円満な関係は、お互いを尊重することで成り立ちます。相手に依存してしまうのではなく、2人で家庭をつくっていると自覚できれば、離婚してしまうこともありません。皆さんもぜひ、記事を参考にして日々の夫婦生活を改善してみてください。

-コラム

Copyright© キクハピ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.